×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


グライダーとは何ぞや



グライダーは、エンジンなしで飛び続けるために、抵抗を小さく、翼を長くした航空機です。
良く『鳥人間?』とかと間違えられますが、全然違います。

まず、グライダーにはエンジンがついていません。(モーターグライダーという例外はありますが)
ではどうやって飛ぶのか?最初はウインチと呼ばれる巨大な巻き取り装置でグライダーを引っ張り、凧上げの要領で空へと上げます。
この後は何も無ければ5〜7分ほどで地上へ帰ってきてしまいます。ですが、上空で上昇気流に乗ることができれば、1時間、2時間とずっと
飛んでいることができます。

ウインチ。これでグライダーを上げています。
上空から見たさくら市と鬼怒川、そして鬼怒川滑空場





トップへ
トップへ
戻る
戻る