×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


宇大滑空部の魅力




他のサークルや部活に比べて、宇大滑空部の魅力とは何なのか?上級生の方々に聞いてみました。



@自前の滑走路、機体、曳航手段を持っている
私達宇都宮大学滑空部では自分たちの滑走路と機体、曳航手段を持っています。また、数多くのOB教官も抱えております。
このため、天候さえ良ければいつでもフライトを行うことができるという、非常に素晴らしい環境の中で練習を積むことができます。
学生のグライダー団体でここまで恵まれた環境を持っているのは宇都宮大学滑空部だけです!


A就活で面接官へのアピールのネタになる
昨今、就職活動はより一層厳しさを増してきています。そんな中、面接官は就活生に対して他者と違うアピールポイントを求めているようです。
今までの卒業されたOBさんの話を聞いてみると、
Q.『大学4年間でやってきたことは?』
A.『グライダーパイロットとして空を飛んでいました』
な〜んて感じで話のネタとして面接官には非常にウケが良いようです。集団面接において、他人と違う話ができることは非常に大きいです。
因みにそれと関係あるかどうかはわかりませんが、我が滑空部で就職浪人をしている人は一人もおりません。


B2つの国家資格を取得することができる
宇都宮大学滑空部では主に2つの国家資格を取得することができます。その国家資格とは
・自家用操縦士
・航空特殊無線技士
です。ぶっちゃけた話、就活に有利かどうかはわかりませんが、上のAと同じく面接官からのウケはなかなか良いようですよ。

Cその他(箇条書き)
体力がつく。(かくいう管理人もカイワレ大根のような子でしたが、モヤシ位には体力が付いたはず…w)
健康になる。(フライトに参加すると不規則だった生活リズムが一発で改善されますww)
工具の扱い方や、気象関係など、グライダーに付随した様々な知識を得ることができる。
等々…




トップへ
トップへ
戻る
戻る